アトピーの治療

してはいけない間違った治療

「アトピー性皮膚炎」いわゆる「アトピー」は、一般的な食べ物屋アレルギーとは違い、特定の決まったものに反応するわけではなく、季節による温度の変化や乾燥だったりと環境による悪化も多く、人によっては一年中ずっとひどい状態で過ごさなければならない人もいます。元々の発症も様々で、生まれ持ったものである人もいるし、薬によるアレルギー反応から発症する場合もあります。アトピーを持つほとんどの方が改善を求めるために足を運ぶ場所は、皮膚科です。皮膚科に行き、ステロイドを患部、酷ければ全身に塗り、包帯で湿布します。傷は驚くほど綺麗になります。これ以上に怖いことはありません。ステロイドを塗ることで、皮膚の呼吸は妨げられます。また、体が外に出したがっている悪いものを、全て押し込んでしまうのです。数日立てば、また痒みは復活します。改善では決してないのです。

高品質のものを使い、摂取すること

アトピーの改善に一番効果的かつリスクも少ない方法は、常に質の良いものを選ぶことです。食べ物で言うと、甘いものは天敵です。特に白砂糖。これは後の痒みに直結します。家庭で使う砂糖は、黒糖または、はちみつに変えると良いです。そしてもちろん市販のお菓子同様です。スナック菓子やチョコレートは特に子供のうちは避けます。洋菓子よりも和菓子の方が良いです。手作りをするのが最も安心です。その他食料品も気を付けるべきものが多くあります。中に含まれている添加物です。合成着色料や保存料(ソルビン酸等)、発色剤(亜硝酸ナトリウム等)。これらが使われている食材は本当におおいです。これはパッケージ裏の原材料をきちんと読んで選びましょう。繊維はやはりシルクが肌にやさしくておすすめです。パジャマだけでも変えてみると良いでしょう。心から改善を求めるのならば、完全に薬に頼るのではなく、体の中からケアしていきことが大切です。